かんたんワンプッシュで

車内を感染予防コーティング施工

新型コロナウイルスの感染拡大が長期化する中、

日常的な感染予防対策の徹底が求められています。

主な感染ルートである「接触感染」を防ぐためには、

密閉空間で滞在時間が長くなりがちな車内にも、

抗菌・抗ウイルス対策が必要です。

密閉空間である車内での

接触感染を防ぐために

菌やウイルスを不活化してリスク低減

密閉空間であり、しかも滞在時間が長くなりがちな車内は、接触感染のリスクが大きいと言えるでしょう。人の手が触れる可能性の高い車内空間を、「美ラクルガード」で抗菌コーティングしておくことによって、菌やウイルスを不活化し、感染リスクを軽減することができます。

クルマに最適な抗菌施工

美ラクルガードは人が触れる場所をくまなく抗菌コーティングするので、車内に最適です。

抗菌効果が持続

コーティングした抗菌剤が長時間残留するため、抗菌効果は長期間にわたって持続します。

光が当たらなくてもOK

美ラクルガードの抗菌剤は「無光触媒」。触媒反応に光を必要としないので、光の当たらない車内を抗菌化できます。

計器類への悪影響ゼロ

アミノ酸を主成分とし、各種安全性試験をクリアした抗菌剤を使用。人体はもちろん、車内の計器類や電子機器にも影響はありません。

質感や色を損なわない

車内には、安全性と快適な居住性が求められます。美ラクルガード施工なら、車内のインテリアの質感や色を損ないません。

美ラクルガードはより高い抗ウイルス効果を実証!

美ラクルシリーズは第三者機関による試験で

有効性が実証されています!

抗ウイルス性試験

JIS規格では、抗ウイルス活性値(Mv)が2.0以上3.0未満で「効果あり」、

3.0以上で「十分な効果あり」とされています。

※ 抗ウイルス活性値 [Mv]= lg(Va) – lg(Vc)  試験機関:一般財団法人日本繊維製品品質技術センター

抗菌性試験

抗菌活性値については、代表的な細菌として大腸菌、黄色ブドウ球菌などでの検査が

JIS規格で定められています。

※ 抗菌活性値 [A]=(logCt―logC0)-(logTt―logT0)  試験機関:一般財団法人日本繊維製品品質技術センター

抗菌効果を専用の検査キットで測定するATP 測定でも、とても汚れた状態を示す数値から、とても清浄された状態を示す数値にまで減少しました。

ATP ふき取り検査とは

汚染物質(= ATP 量)を測定し 10 秒で結果を得られるので、その場で、衛生状態を見ることができます。清浄度検査としては、最も支持されている検査方法です。

ATP ふき取り検査は、「食品衛生検査指針微生物編」(厚生労働省監修)に記載されています。

※清浄度検査:食品加工設備機器、医療器具などが、⼗分に清浄され、維持されているかどうかを調べる検査。食品製造に関する事故の多くは、二次汚染事故であると言われています。また、医療現場では、院内感染が問題となっています。このような事故を防ぐために、 清浄度検査は、非常に重要となります。

ご使用手順 PDF

ご使用手順 動画

グレビス 施工 & 商品ラインアップ

販売元:株式会社グレビス  会社概要お問い合わせプライバシーポリシー

Copyright© MeRaKuRu Series All Rights Reserved.