街中に「精肉店」があった頃は、豚骨などの原料は毎日、ラーメン店などに配達されて
いました。当然原材料の鮮度も高く、スープを仕込んでも豚骨臭や畜臭等はほとんど
なく、まるで搾りたての牛乳のような自然のタンパク質の甘さがあったものです。
「極上生だきスープ」はそのような昔ながらのスープを再現したいという思いから
開発されました。「生だき」の「生」とは、エキスのような濃縮スープではなく、
常圧の状態で丁寧に炊きあげた「ストレートタイプ」という意味です。天然素材の
持つ本来の旨味を余すところなく抽出したスープ、これが「極上生だきスープ」です。
商品名 商品イメージ 特徴
とんこつスープ
(B-8)
群馬県内の近隣ファームで、屠殺されたばかりの新鮮な豚骨を使用。下処理や抽出準備には十分時間をかけ、仕上げは短時間、という特殊製法で作り上げたとんこつスープ
濃厚豚骨スープ
(BM-10)
厳選された原料に豚頭を大幅に加えた、濃厚感あるとんこつスープ。常圧釜で高濃度(Brix10)で仕上げているため、希釈にも耐えられ好みに合わせた濃度に調整可能。
鶏白湯 鶏ガラの他、手羽先、丸鶏等ほとんど全ての部位を使って、仕上げた鶏白湯。濃厚感の中にも、鶏ならではの上品さがあり、老若男女あらゆる層に親しまれる一品。