食品の良否は鮮度です。スープの製造でも同じことが言えます。「極上生だきスープ」は屠場(とじょう)で、処理されたばかりの新鮮な原料をフレッシュ(生)の状態から作り上げます。 タンパク質は加熱と圧力によって変性してしまいます。だから「極上生だきスープ」の製法は常圧釜で炊き上げる方法を採っています。今は、、効率を考えるあまり、「加圧釜」で作る 「濃縮スープ」(イミテーション)が普通ですが、あえて効率よりも「美味しさ」を追求しました。 アミノ酸の組み合わせは「味」を決める重要な要素です。アミノ酸が固く結びついている(ペプチド連鎖)状態は、タンパク質が新鮮で、食した時、コリコリとした食感と甘さを 感じることができます。「極上生だきスープ」が原料の鮮度にこだわるのはそのためなのです。